ひさかたの天に飛びたる雛鳥よ

修学館生徒会サイトは修学館高校生徒会役員用サイトです。
生徒会役員及び教師のみが参加できます。参加していなくとも、公開されているページの閲覧は可能です。

ひさかたの天に飛びたる雛鳥よ


木通維冴

本俳句はPutonPutonによって作成され、CC-BY-SA 4.0下によって提供されます。



特に指定がない限り、このサイトのコンテンツは修学館生徒会サイト及び修学館中高学校が全著作権を所持します。

「コンテンツ」とは、文章、画像、音声、音楽、動画、ソフトウェア、コードその他の情報のことをいいます。


意味: 雛鳥(カオジロガンの雛)は、生後24時間で巣から飛ばなくてはならない。
もちろん中には岩に当たり転がり落ちてしまうものもいるが、それでも彼らは生きるために、挑戦し続けなければならない。
我々修学館生も今、目の前にある勉強という大きな人生の試練がある。何度も挫け、挫折し、友はできるのに自分はできないと嘆く…それでも何度も挑戦し続けて、その先にある大空に飛び立つのを夢見ている。


このサイトは財団日本支部理事会をもとに作成されています。